Blog

映画館も楽しめちゃうカジノスポット

 

豪勢に運試しをしようと思ったら、現在急増中のエキサイティングなカジノにご注目ください。究極の贅沢を約束してくれるカジノが、ラスベガスだけでなく世界中に登場しているのです。

ラスベガスやモンテカルロといった有名なエンターテインメント・リゾートにも選択肢がいくつかありますが、大変豪華なカジノは、ドイツや中国、シンガポールといった場所でも見つかります。さあ、サイコロを振り、お気に入りの場所を選び、旅の準備を始めましょう。

カジノに行くと、混沌や照明やノンストップのアクションで我を忘れることも多いものです。そんなときに2時間の休憩をとって映画が見られたら楽しいですし、気を落ち着かせる効果も期待できます。自分もカジノの合間に映画を見たいという方のために、私たちはぴったりのリストをご用意しました。ここでは、最高のシアター体験も提供しているトップカジノをご紹介いたします。

  1. ウィンウィン カジノ

ウィンウィン ワールド カジノ&リゾート は、旅行者やゲーマーに人気のあるゲームスポットです。紛れもなく、世界最高級のカジノです。ここには、無料のWi-Fiや駐車場、最先端のビジネスセンター、映画館、屋外プールなど、世界クラスのカジノに求められる施設がすべて揃っています。

完璧に改装されたインテリアを誇るウィンウィン カジノの映画館が、映画を観るのに最も贅沢かつ楽しい場所であることは間違いありません。ゲストは、カシミヤラグ、フットレスト、サイドテーブルを備えた極上の革製アームチェアに座ります。ウェイターがサイドテーブルにワインやスナックを運んでくれます。

最近のアップグレードにより、1列目と2列目にはツインベッドが6台設置され、後列には快適なソファが並ぶようになりました。

  1. エミー カジノ

エミー カジノは、ラスベガスの中心地にある斬新スポットです。このアリーナにはライセンス取得済スロットマシンが2,300台備えられ、それぞれ1回の勝利で200万ドル以上の賞金を現金で支払うことができる容量を持っています。このほか、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなど極上のテーブルゲームも豊富に取り揃えています。

また、世界最大級で最も権威のある国際映画祭を開催するために設計された、奇抜で目を引くシネコンも備えています。オーストリアの建築設計事務所「コープ」の設計によるもので、世界最長のカンチレバールーフを特徴としています。

外部の天井はすべてLED照明で覆われ、照明の色が定期的に切り替わるようになっています。これにより、中で上映されている映画にも負けないくらいのエキサイティングな視覚効果を生み出しています。

  1. Big Whale カジノ

空高く舞い上がるような施設です。光り輝くカラーに包まれた、滑らかで近未来的な建築が美しい景色を作り上げています。1千万平方フィートの敷地に、ゲーム、エンターテイメント、レストラン、ホテルタイプの宿泊施設が配されています。

ここにある映画館は、ドキュメンタリー映画の上映に特化した唯一の映画館です。中心から離れた一角にあります。

映画館2館、録音室、カフェ、無料で見られるフィルムライブラリーを備え、未来のフィルムメーカーたちにインスピレーションを与えることを目的としています。

この建物はもともと工場だったことから、むき出しの荒々しいデザインが多く残っています。むき出しのレンガの壁はそのまま活かされ、水道管は再利用された形でハウスの構造的な枠組みの一部を成しています。

  1. ヴェルナティ カジノ

エンターテイメントエリアやスカイバブル水族館などがあるこの施設では、さまざまなエンターテイメントを楽しむことができます。魅惑的な美しさを醸し出す、エキゾチックな光の中で運試しをしたいと思っているすべての外国人のギャンブラーにとって、紛れもない天国のような場所となっています。

このカジノに併設されたピンクのロマネスク様式の映画館は、岩と非対称の曲線で構成されており、街の建築やカラーを代表しているだけでなく、映画やディスプレイのクレイジーなテクニカラー美学も表現しています。座席数は1,200席以上あり、1976年の開館以来、ほぼ毎回が完売という人気を誇っています。